FC2ブログ

るぅのきまぐれ雑記帳

日常のこととか、ゲームのこととか色々。(*'-') でも、タイトルどおりきまぐれにしか更新しません。('▽';)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルには気をつけよう(ノ∀`)

先日....
なにか面白そうなDVDあるかな?とレンタル屋さんへ。
そこで宣伝に流れていたホラーものが面白そうだったので、それを借りることに決定!
 
題名「Hotell」
 
ホラーでも新作ものの棚はだいたい決まっているから、そこを探してみると...あった('▽')
手に取りいそいそとカウンターへ(*'-')ノ□
新作DVDのレンタル最長期間は普通1泊2日だけど、出てから少し日が経ってたのもあるのか、最長が2泊3日になっていたのでその期間レンタルすることに(`・ω・´)b
 
なんか応対がとっても親切で、愛想のいい店員(若い兄ちゃん)だったんだよねぇ。。。。
 
家に帰って、さっそく見ようと母を誘い、二人並んで座椅子に座って、再生(*'-')ノシ凸
最初に新作DVDのコマーシャルが流れて、その中に借りてきた「Hotell」のコマーシャルも。
 
「これこれ。これよ。今からみるやつ」
 
と指さした直後!
 
【注意!暴力的シーンやグロテスクなシーンが云々...】
 
 
・・・・・・・・え?
 
 
そして流れるその手のシーン.....('д')
 
イスに縛られた男の人....足の指らしきものをペンチか何かで切らr....
 
あのぉ.....もしもし?
私がレンタル屋で見た宣伝内容とだいぶ違うんですが......
 
私が見た内容
『女性が主人公。場所はホテル。いなくなった従業員。そのホテルには隠された秘密が...。開けてはいけない扉が云々』
そんな感じ(´・ω・`)
 
おかしいなぁ?と思いつつもそのまま本編スタート。
 
なぜか主人公の女性らしき人が出てこなくて、最初から男性3人、旅行者のようだ。
そして....だんだん.....なんていうか、そのぉ~.....
 
 
裸の女の人、いぱーい出てきますよ?(⊃Д⊂) 
 
  
「う~ん...主人公、女の人なんだけどなぁ~。出こないね(´・ω・`)」
 
「(るぅが)言ってた内容と違うねぇ~...。主人公、どうみてもこの男3人みたい」
 
おかしいおかしいと思いつつも、しばらく見続ける二人。
 
 
「なんていうか....どちらかというと、ポルノ映画みたい...」
 
私も思ったけど、あえて口にしなかった言葉をサラリと言いますか!お母様!!('д')
 
「やっぱり、私が見たのと内容が違う感じがするなぁ~(´Д`;)ヾ ちょっと早送りしてみよっか?」
 
「うん」
 
ウィ~ンと早送り....しても、私が見た映像は出てこなく....しかも....
 
 
なんかベッドシーン始めちゃいましたよ?('Д')
 
 
「止めよう!」
 
慌てて停止ボタンを押す私。
辺りに漂う気まずい空気。。。。
 
「本当にこれなの?間違えてない?」
 
「ホテルだよ。ホテル!間違いないよ(´・ω・`)」
 
「なんか特典?みたいなやつなのかな?本編じゃなかったり?」
 
そしてメニュー画面を表示。
しかしそこには本編スタートと音声やらの設定しかない....
 
「なんか思ってたのと違ったね。やめよう(´・ω・`)」
 
すると、母がまた、
 
「なんて題名のだっけ?」
 
「だから、ホテルだってば!タイトルそうなってるでしょ?」
 
「ホテルじゃないわよ?ホステルよ?」
 
「え?ホテルだってば!ホ・テ・ル!」
 
「そう?ホテルのあんな所に『S』ついた?辞書引っ張ってみなさいよ」
 
「辞書なんか見なくたってわかるよ!『S』なんてつくはずないじゃん!」
 
「でも、ついてるわよ?だからホステルでしょ?」
 
画面を指さす母。
 
...ついてる...確かに『S』ついてる.....
 
 
『Hotell』←○
 
『Hostell』←×
 
 
違うやん!!(ノ'Д')ノ====┻━┻
 
 
「え~!でも、借りたときはホテルだったはずだよヽ(;´Д`)ノ」
 
「レシートは?なんて書いてある?」
 
「ちょっと待って」
 
DVDの入れ物にはさんであるレシートを良く見てみると....
 
 
『HOSTELL』
 
 
はい、ちゃんと書かれてます。違ったやつが(ノ∀`)
しかもその下に小さく()で
 
(完全無修正版) 
 
 
.....( Д ) ’’
 
 
無修正....
 
無  修  正
 
無     修     正!!
 
「ぎゃ~~~!!完全無修正版とか書いてある~~~っヽ(;´Д`)ノ」
 
だからか!あの時若い店員の兄ちゃんがやけに愛想よかったのは!!
きっと「女なのにこんな物借りるんだ( ´_ゝ`)ぷぷっw」とか思われちゃってたのかも!?(⊃Д⊂)
もう、恥ずかしくてこれからこのレンタル屋さんには....でも、普通に行っちゃう( ̄ー ̄)w
 
 
「借りたかったのはホテルなの?」
 
「うん!ホテル!だから主人公違うんだ~ヽ(;´Д`)ノ」
 
「そうよね~。どんなに見ても、言ってた主人公らしき人出てこなかったものねぇ。裸の女の人しか...」
 
「こんなん借りててもしょうがないし、ちょっとレンタル屋に電話するわ(⊃Д⊂)」
 
「そうしなさい」
 
 
かなり動揺しながらレンタル屋へ電話。
 
「すみません。先ほどそちらでDVDを借りた者なんですが、『ホテル』と言うホラーを借りたはずが中身が違くて『ホステル』と言う、ポルノみたいなDVDが入ってたんです。もしかしたら私が間違えたか、そちらで間違えたかとにかく中身が違うので...」
 
店員「そうですか。すみませんでした。お借りしたのは『ホテル』ですか?」
 
「はい。『ホテル』です」
 
店員「日本物ですか?外国物ですか?」
 
「ホラーで外国のです」
 
店員「今調べてみますので暫くお待ちください」
 
 
 
 
店員「確かに『ホテル』ありますね。1本こちらにあります。お客様の手元には『ホステル』がいってますね」
 
「取り替えていただけますか?」
 
店員「はい。では取り置きしておきますので、こちらにおこし頂いた時に無料で交換いたします」
 
「ありがとうございます。これから向かいますので宜しくお願いします。それと...この『ホステル』ですが、この手のものは違う別の棚になってますよね?どうして普通の棚にあったのでしょう?ヽ(;´Д`)ノ」
 
店員「ああ。これも一応ホラーなので、普通の棚においてあるんですよ」
 
「そうなんですか('▽';) わかりました。お手数おかけしましたm(_ _)m」
 
ホラーなのに完全無修正版なのか.....でも、確かに宣伝ではスプラッタみたいなシーンは流れてたな~(´Д`;)ヾ
 
 
 
 
いや~、ホラーって恐いね!
 
いろんな意味で!!

 
 
 
 
さっそくレンタル屋に向かい、本来借りるべきものと交換してもらってから、自分の目でも確かめたかったから『ホステル』があった棚へ行ってみる。
 
あったよ....『ホテル』
『ホステル』のあった棚の一段上に....
 
 
まぎらわしいんじゃ~~!!('Д')=@))´Д`)
 
 
さて、やっと本当に借りたかった『Hotell』を借りられたので、家に帰って仕切直し!
 
 
.....たる~く始まって、たる~く終わりましたよ?('Д')
 
 
刑事:
池の底さらい。多分、行方不明になってる女性従業員でも探してる?
事情聴取?他の従業員になにかきいてますよ?でもそれだけ。。。。以上!
 
主人公(女性):
ホテルに住み込みで働きに来たらしい。
あたえられた部屋が行方不明になった女性従業員の部屋。
引き出しをあけると、その人の物らしきメガネがあった...でもそれだけ( ´_ゝ`)
 
お客が使わない時間帯に、プールを使いたいと上司に申し出。了解を得て夜中にプールへ。。。
ひと泳ぎして終了('Д')
 
なにも何も起こらず、普通に日常生活。。。。
 
ある時変な夢を見た。
ホテルにいたはずが暗闇の廊下を抜けると、森の中にある洞窟の中。そして悲鳴。
目を覚ますと手の中になぜか人形の首が!!
 
やっと何か起こるのか!!('▽')
 
でもそこからなにも起こらない(´・ω・`)
 
しばらくして、現実世界で夢の中と同じ状態になった!!
 
やっとか!!('▽')
 
森の中にこだまする悲鳴!
 
「おおおおおおお!!」←食い入る私。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
映画終了。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
なめとんのか~!!ヽ(#'Д')ノ┌┛)`Д')・;'
 
 
ホテルの秘密は?行方不明になった従業員はどうなったの?なんも謎とけてませんよ?('Д')
 
借りてくるんじゃなかった...
 
ただ恥かいただけやんヽ(;´Д`)ノ
 
これからはよくよく注意して、厳選して借りてこようと堅く心に誓う私であった...。
 
(ノ∀`)たは~。
 
 
 
 
スポンサーサイト

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

るぅ

Author:るぅ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。